アンチョビとクロワッサン

お昼にちょっと珍しいクロワッサンを食べました。行きつけのパン屋さんが新しいメニューを出したようなので早速試してみることに。その新しいクロワッサンは「アンチョビ・クロワッサン」です。クロワッサンといえばチョコレートやカスタードを中に入れたものはよく見かけますが、甘いクリームとは違う、塩っ辛いアンチョビを入れたクロワッサン。メニューにしようと思っただけでもすごいですよね。でもこのクロワッサン、結構美味しくてまた買ってみよう、と思わせるものでした。バターたっぷりのクロワッサンの生地にアンチョビのソース。バターの油分がアンチョビのきつい塩分をまろやかにしていて、これが結構合うんです。ちょっと大人の味のクロワッサンに仕上がっていました。こんな珍しいメニューだから価格も高いのかなぁ、と思いきや170円でした。そこまで高くない。最近では、例えば神戸屋などパン一つに200円から250円の価格をつけていますよね。ちょっと高すぎるんじゃないの?とは常々思っていました。原価に本当にそれほどかかっているのだろうか…。最近ではクロワッサン一つでも結構な値段をするので、今回食べたアンチョビのクロワッサンは価格といい、味といい100点満点のパンでした。